保険料率及び保険料の算定について

保険料率

令和4年度の石川県の保険料率は次のとおりです。

保険料率は、広域連合の安定した財政運営を確保するため、2年ごとに改定されます。

保険料率 石川県の均等割額… 下図(1) 48,500円
石川県の所得割率… 下図(2) 9.53%
賦課限度額 660,000円
(参考※)
収入別保険料額の例
基礎年金受給者(年金収入78万円) 年額 14,550円
厚生年金受給者の標準的な年金額(年金収入186万円) 年額 55,699円

※保険料額の例は、単身世帯で年金以外の収入がない方を想定しています。

保険料の算定

保険料は、均等割額と所得割額の合計額です。

被保険者それぞれの保険料額は、被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額となります。

保険料の算定

(1)(2) はそれぞれ、上の保険料率の表に対応しています。

所得割額の計算例

収入が年金のみの場合

{(年金収入-公的年金等控除)-住民税の基礎控除額}×9.53%

住民税の基礎控除額

  • 令和2年度まで 33万円
  • 令和3年度以降 43万円
    ※合計所得金額が2,400万円を超える場合は所得に応じた基礎控除額となります。

年金所得(65歳以上の場合)の算出方法

令和4年度(令和3年1月1日~12月31日の収入)

公的年金等の
収入金額(A)
所得金額
公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る合計所得金額が1,000万円以下の場合 公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る合計所得金額が1,000万円超2,000万円以下の場合 公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る合計所得金額が2,000万円超の場合
110万円超
330万円未満
収入金額
-110万円
収入金額
-100万円
収入金額
-90万円
330万円以上
410万円未満
収入金額×75%
-27万5千円
収入金額×75%
-17万5千円
収入金額×75%
-7万5千円
410万円以上
770万円未満
収入金額×85%
-68万5千円
収入金額×85%
-58万5千円
収入金額×85%
-48万5千円
770万円以上
1,000万円未満
収入金額×95%
-145万5千円
収入金額×95%
-135万5千円
収入金額×95%
-125万5千円
1,000万円以上 収入金額
-195万5千円
収入金額
-185万5千円
収入金額
-175万5千円

※65歳以上であるかどうかの判定は、収入のあった年の12月31日現在の年齢によります。

※65歳未満の場合、令和2年度以前の算出方法は、国税庁ホームページの「 公的年金等に係る雑所得の金額の計算方法 」をご参照ください。

PAGETOP