データヘルス計画-その他|石川県後期高齢者医療広域連合

データヘルス計画

計画策定の目的と背景

後期高齢者医療広域連合は、高齢者の医療の確保に関する法律の規定に基づき、健康教育、健康相談、健康診査その他の被保険者の健康の保持増進のために必要な事業(保健事業)を行うように努めなければならないこととされています。 今後、高齢者の大幅な増加が見込まれる中、高齢者ができる限り長く自立した日常生活を送ることができるよう、被保険者の健康の保持増進の取組みを支援することが重要であります。 こうした中、「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)においても、レセプト等のデータ分析、それに基づく「データヘルス計画」の作成等、保険者はレセプト等を活用した保健事業を推進することとされました。 こうした背景を踏まえ、石川県後期高齢者医療広域連合では、健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るための保健事業の実施計画(データヘルス計画)を策定しました。

石川県後期高齢者医療データヘルス計画

PAGETOP